辛い関節痛を改善するために|グルコサミンサプリを飲もう

話題の成分をチェック

利用される率が高い

サプリメント

グルコサミンといえば関節痛の対策など、関節サポートのために補いたい成分という事は、多くの方がご存じでしょう。
関節を動かした際に痛みや違和感を感じるようになる理由の1つに、関節部分の軟骨のすり減りが挙げられます。
加齢などによって軟骨がすり減ってしまうと、関節のクッション性が低くなり動かした時に痛みや違和感などを、感じやすくなるのです。
健康で若々しさをキープしたいなら、関節サポート成分のグルコサミンを意識して補う必要がありますが、食品からでは十分な量を補うのが難しいようです。
ですので、大半の方はグルコサミンは食事からではなく、サプリメントといった健康食品から補う事になります。
サプリメントなどの健康食品であれば、食品からだと補いにくい栄養素・成分も、必要量補えますし手軽に補給できるので便利です。
グルコサミン配合のサプリメントは巷に溢れていますが、中でも今人気を集めているのが「N-アセチルグルコサミン」と言われる天然型のグルコサミンです。
一般的なグルコサミンとは違い、天然の形を壊さないよう丁寧に、そしてじっくりと時間をかけて酵素分解して抽出し、作られた成分となっています。
なぜ、N-アセチルグルコサミンを配合したサプリメントが人気を集めているのかというと、通常のものよりも約3倍も体の中で利用されると言われているためです。
体内で利用される率が高ければ高いほど、効率よく関節サポートが行えるのでN-アセチルグルコサミン配合のサプリメントは、多くの方に選ばれています。

コンドロイチン配合か確認

ジョギング

年齢を重ねた際の関節サポートや健康維持として、「グルコサミン」は意識して補いたいと言われてる成分の1つです。
階段の上り下りが辛いなどの症状は、関節部分の軟骨がすり減る事で起こりやすくなりますが、グルコサミンは軟骨の形成を促し、関節痛対策に有効と言われています。
はつらつとした毎日を過ごす為にも、関節サポート成分であるグルコサミンをしっかり補いたいものですが、食事からだと十分な量を摂取するのは難しいようです。
グルコサミンは納豆やオクラ、山芋といったネバネバ食品や、うなぎやフカヒレといった高級食材に多く含まれています。
これらの食品を毎日摂り続けるのは金銭的にも難しいので、グルコサミンは食事だけでなくサプリメントで効率的に補うようにしましょう。
グルコサミン配合のサプリメントを購入する際は、「コンドロイチン」という成分も一緒に入っているかどうか、注意する事が大切です。
コンドロイチンもグルコサミン同様、関節の軟骨を作るために必要な成分で、一緒に摂取すると相乗効果によって、さらに関節サポート力がアップします。
どちらかだけ単品で入っているサプリメントではなく、グルコサミン・コンドロイチン両方配合しているサプリメントであれば、より関節の健康をキープしやすいでしょう。
サプリメントであれば、食事で補いにくい成分・食が細い時でも手軽に必要な量の成分を摂取できるので、年齢を重ねた方は、特に活用したい健康食品です。

不足した成分を補って改善

女性

階段を降りる時や立ち上がる時など、関節が痛いことが増えたという人は体内のグルコサミンの量が減っている可能性があります。
グルコサミンとは関節と関節の間の、クッションの役割を果たしている軟骨成分の一つです。
軟骨には骨同士の滑らかな動きを助けたり衝撃を吸収し和らげる役割をしていますが、長年使い続けることですり減ってしまいます。
また軟骨の成分の一つであるグルコサミンの生成量が二十歳をピークに減少し続け、なんと四十歳ではおよそ半分になってしまいます。
このため軟骨が十分に修復されないことも関節痛の大きな原因の一つです。
四十代から急増する関節痛ですが、不足した軟骨成分であるグルコサミンを摂取することで改善したり予防できることが研究によりわかっています。
グルコサミンはエビやカニなどの殻や鶏皮などに多く含まれていますが、関節痛を改善するのに必要なグルコサミンの摂取量は一日1500mgで食事から補うことは現実的に難しいようです。
このため毎日手軽に摂れ体内の吸収率も高いサプリメントでグルコサミンを補うとよいでしょう。
またグルコサミンを長期的に摂取することで、加齢による軟骨の減少が高い割合で抑えられることがわかっていますから、今はさほど痛くなくても将来のためにグルコサミンを摂取して健康づくりに役立てることがおすすめです。
関節痛は仕事や家事などあらゆることへの足かせになりますし、運動不足を助長し結果的に筋力低下を招いたり生活習慣病になるケースも多く見うけられます。
サプリメントで手軽に改善し若々しい関節を保ちましょう。